1. ホーム
  2. 肝臓に良さそうな料理のレシピ
  3. ≫ホタテとチンゲン菜の中華風あんかけ

ホタテとチンゲン菜の中華風あんかけ

ホタテとチンゲン菜の中華風あんかけ3-3-3[1]

材料:2人分

    • むきほたて 150グラム
    • チンゲン菜 大1束

※調味料

    • 酒 大2
    • 醤油 大1
    • 粉末鶏がらスープの素 大1
    • 水 30ml

 

  • 1対1水溶き片栗粉 各大2
  • レモン汁・黒コショウ お好みで

作り方

ホタテとチンゲン菜の中華風あんかけ3-3-1[1]

1.水溶き片栗粉以外の調味料を混ぜておきます。

2.チンゲン菜を油で炒めます。

3.油が回ってきたらホタテを加えて炒めます。
ホタテから水分が出て焦げやすくなるので、様子を見て火を弱めます。


ホタテとチンゲン菜の中華風あんかけ3-3-2[1]

4.あらかじめ混ぜておいた調味料を回し入れ、味がなじんだところで水溶き片栗粉を加えとろみをつければ完成です。
お好みでレモン汁と黒コショウをかけます。


ホタテから出る水分はうまみ成分です。
水溶き片栗粉でしっかりととろみをつけることにより、余すことなくうまみ成分を味わうことができます。

ホタテにはアラニンという成分が含まれており、肝臓を活性化させるエネルギー源になります。
アラニンは、肝臓によいと有名なしじみにも多く含まれている成分です。
ホタテはしじみよりも、比較的、料理に取り入れやすい食材です。
積極的に摂取することができそうですね。

味付けは薄味です。
レモン汁や黒コショウで味にメリハリをつけると、薄味でも十分おいしく召し上がれます。
塩分を控えることは、肝臓への負担を減らすことにもつながります。
普段の食事から薄味を心掛けるようにしたいものですね。

 レモン汁はマヨネーズやお醤油とも相性がいいので、少しずつ混ぜると 塩分の摂取を抑えることができますよ。

野菜はチンゲン菜の他に、ブロッコリーやカリフラワーでも代用できます。
ブロッコリーやカリフラワーには、肝臓の代謝機能に必要な栄養素が豊富に含まれています。
下ゆでしたブロッコリーを軽く炒めてから、ホタテを加えてください。
下ゆでの際、多少の歯ごたえを残しておいたほうが、おいしく仕上がりますよ。

おすすめ肝臓サプリ

医師からは肝硬変、透析の言葉が出た劇的に悪くなった肝臓は、γ-GTP42の平常値になりました。毎日の食事に気を使うことも大事ですが、 長く続けるにはサプリメントの力もバカにできません。