1. ホーム
  2. 肝臓に良さそうな料理のレシピ
  3. ≫酢味噌で簡単!りんごと菊の花の和え物

酢味噌で簡単!りんごと菊の花の和え物

酢味噌で簡単!りんごと菊の花の和え物kikunohana1[1]

菊の花を食べる?あまり馴染みのない地域もあるかもしれませんが、特に山形県では食用の菊の花は名産品となっています。

最近ではインターネットなどでも取り寄せられます。生の菊の花が手に入らなければ乾燥したものでも構いません。

ポイントとなる食材:菊の花

酢味噌で簡単!りんごと菊の花の和え物kikunohana2[1]

漢方の世界では菊の花は目にいい食材と言われています。

目の働きは肝臓の働きと比例するといい、菊の花は肝臓にも良いとされています。

また、いっしょに使うりんごは肝臓に脂肪が溜まるのを防いでくれるペクチンを豊富に含んでいます。

材料:2人分

酢味噌で簡単!りんごと菊の花の和え物kikunohana3[1]

  • りんご半分
  • 菊の花(中:直径7センチくらい)4個
  • 酢味噌大さじ3杯
  • 塩少々

作り方

酢味噌で簡単!りんごと菊の花の和え物kikunohana4[1]

菊の花は、よく洗ってから花びらだけを外します。

そして花びらを塩もみして30分程置いておきます。よく水洗いをして、水気をきっておきましょう。

りんごは細切りにしておきます。


酢味噌で簡単!りんごと菊の花の和え物kikunohana5[1]

りんごと、塩もみをしてしんなりした菊の花、そして、酢味噌をよく混ぜ合わせます。

時間をおかずに器に盛り付けます。

時間をおくとりんごから水分が出やすくなってしまいます。

おすすめ肝臓サプリ

医師からは肝硬変、透析の言葉が出た劇的に悪くなった肝臓は、γ-GTP42の平常値になりました。毎日の食事に気を使うことも大事ですが、 長く続けるにはサプリメントの力もバカにできません。