1. ホーム
  2. 肝臓の悩み
  3. ≫オルニチンと休肝日

オルニチンと休肝日

水

肝臓の機能が低下していく要因の一つに、アルコールの摂取があるということは多く知られています。

このような症状を緩和させるということやおこさないように予防する方法というのは、禁酒をして体内にアルコールを取り込まないようにするということが最善策です。

しかし、様々な理由により完全に禁酒することができないということが起こることが多い
世の中ですので、よりよく効果的な方法はないのかと思っている人は多いかもしれません。

そのような人は、オルニチンという成分意着目してみてください。

オルニチンというのは、遊離アミノ酸の一種で、肝臓の機能に大きく貢献し、肝臓の機能の状態をよりよいものにしてくれるという効果的な栄養素の一つです。

最近では、オルニチンの含まれたサプリメントやビールというようなものが商品化され、オルニチンという成分の認識度というのは高まりつつあります。

つまり、オルニチンを摂取することで、肝臓の働きを手助けするということになります。

オルニチンは食品からも摂取するということが可能でその有効な食材というのはシジミであるということが言われています。

昔の人の知恵ですが、二日酔いにはシジミ汁を飲むというのはものすごく効果的な方法であるということが言えます。

もちろんオルニチンを摂取しておけば、毎日、浴びるほどのお酒を飲んでいても肝臓が悪くならないということではありません。

人でもそうですが、筋肉疲労になったからと言って湿布約を貼ると、楽にはなりますが
すぐに治るということはありません。

肝臓もそうで、オルニチンの摂取というのは有効なものですが、それだけではいずれパンクしてしまうということになります。

週に1日は休肝日を作るというようなことを聞いたことはないでしょうか?

お酒を飲まない日を作ることによって、肝臓を休息させるということです。

オルニチンの摂取とこの肝臓の休息をあわせることで、よりよく効果的な予防に繋がるということが言えます。

ノンアルコールのお酒にするというのもよいかもしれません。

肝臓の疾患というのは、日ごろの注意で大幅に削減できるものであり、効果的なことです。

肝臓を悪くして、お酒が飲めなくなってしまうということはものすごく残念なことですし、重篤な病気を引き起こすことになりかねません。

軽度の状態でも肝臓が悪くなってしまったというような人が身近にいるというのであれば、悩んでしまうより、これらのような予防策ということを実行するべきです。

肝臓疾患の予防というのは、既に肝臓疾患を起こしてしまっている人にも
有効であるという場合があります。

おすすめ肝臓サプリ

医師からは肝硬変、透析の言葉が出た劇的に悪くなった肝臓は、γ-GTP42の平常値になりました。毎日の食事に気を使うことも大事ですが、 長く続けるにはサプリメントの力もバカにできません。