1. ホーム
  2. 肝臓の悩み
  3. ≫アルコールと肝臓の関係を知る

アルコールと肝臓の関係を知る

アルコール

肝臓というのはアルコールとの関係が大きくあるということは、誰しもが聞いたことのあることではないかと思います。

このようなことを言ってしまうと、アルコールの摂取というのは体に毒であるというようなことを 思われる人が多いかもしれませんが、適量であれば問題はないといわれています。

では、どのようなことになると問題があるのかというと、アルコールを多量に摂取するということがずっと続く状態です。

お酒というのは宴会の席や食事の席など様々なところで振舞われるものですし、お酒が好きで、毎晩、晩酌を楽しんでいるという人が多いでしょう。

しかし、毎日飲みすぎていると、肝臓が静かに悲鳴を上げるということになります。

肝臓の悲鳴というのは決して人の耳で聞くことはできません。

だからこそ、自身でしっかりと管理してあげるということが必要になってくるということなのです。

アルコールを分解する働きをしているのは肝臓です。

アルコールは肝臓で分解され、最終的に体外に排出されるということになるのですが、肝臓の機能が低下してしまうとアルコールを分解する能力も低下してしまいますので血液内に残ってしまい、二日酔いなどの症状を引き起こしてしまいます。

お酒に強い人と弱い人というのは、肝臓機能が活発な人と普通レベルの人というような見方もできます。

このようなことは、体内で普通に行なわれることなので、特に問題はありません。

しかし、このような分解の活動というものが毎日のように行なわれるということになると、肝臓にとってはものすごく苛酷な環境ということになってしまいます。
下手をすると、肝臓の働きがとまってしまうということになります。

限界点に達する前に悲鳴をあげてくれれば何とか対処するということも出来るのですが、肝臓というのは頑張り屋さんですので、黙々と分解作業を続け、悲鳴を上げるときにはもう限界点を超えてしまい、機能を果たしていないというような状態になっているということがあるのです。

アルコールというのは、適量であれば精神を安定させ、体にもよいことがあるということになるのですが、肝臓が機能しない状態にまで来てしまうと、肝硬変や肝がんを発症してしまうということになるのです。

このようなことになって悩んでしまう前に、お酒の飲み方というものを考える必要があるということです。

肝臓を悪くしてしまった人も、このことを考えることで症状を緩和するということになりますので、悩むよりも行動です。

では、どのような飲み方が良いのかということを考えて見ましょう。

至って簡単で、良い方法があるはずなのです。

おすすめ肝臓サプリ

医師からは肝硬変、透析の言葉が出た劇的に悪くなった肝臓は、γ-GTP42の平常値になりました。毎日の食事に気を使うことも大事ですが、 長く続けるにはサプリメントの力もバカにできません。