1. ホーム
  2. ≫肝臓の働き

肝臓の働き

肝臓とエネルギー

朝食

肝臓は人体で最も大きな臓器です。この大きな臓器は大変に我慢強い臓器とも言われますが、一体いつ頃から、そのようにタフに働いてくれるようになるのでしょうか。 体のエネルギーと肝臓の関係について考えてみましょう。

その他の働き

病院で検査

肝臓には代謝、解毒、胆汁の生成という三つの大きな働きがあります。 これだけでも肝臓の役割がかなり大きいことがわかりますが、これ以外にもいくつか肝臓には働きがあります。 そのうちの一つが体温調節です。 筋肉が動くことによっ …

胆汁の生成

血液中

胆汁は、その名前からして胆のうで作られていると思われがちですが、実は生成しているのは肝臓です。 胆汁は一日に約600ミリリットル、肝細胞で絶えず分泌されます。 それらは毛細血管に集められ胆のうに運ばれ、12分の1ほどまで …

解毒

老廃物が流れる

肝臓の重要な働きの一つに、人間にとって有害とされる物質を分解し、身体に無害な物質に変える働き、解毒があります。 胃や腸で食べ物を消化する際、栄養素などの必要な物質以外に、アルコールや食品添加物などの、身体に有害とされる物 …

代謝

ハーブ

肝臓には主に三つの働きがあり、その一つが代謝です。 人間が生きていくためには、肉や魚、野菜などを食べて栄養素を摂取し、活動するためのエネルギーに変えていかなければいけません。 しかし食べたからといって、それらの食べ物がそ …